青山真理 公式ブログ

ゆとりを取り戻す

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

秋から月に4回と出張が増えて、それが想像していたよりもエネルギーを使う…

いえ、当然といえば当然なんだけど、もともとフットワークは軽いほうなので大したことないって軽く考えてたんです。

「近い、近い!余裕!」って。笑

ところがどっこい!!

頭で考えるのと、実際に体験してみるのとではこんなにも違うんですよねー

そんなわけで、ここしばらくレッスンと家のことだけに集中していました。

そして今回の体験は、これからの私にとってすごく大切なことに気づかせてくれました。

主婦の仕事に対するキャパはそれほど大きくない。

これね、きっと私だけではないと思うのです。

中には素晴らしいカリスマ主婦的な方もいるんだけど、多くの主婦のお悩みなんじゃないかな。

だって、主婦のおうちでのお仕事ってほんとたくさんありますよね。

掃除

お掃除、お洗濯、お買い物、ごはん作り、家族のスケジュール管理や学校関連の予定…

そのうえで、自分のためだけの時間(趣味、体のメンテナンスなど自分自身と向き合う時間、友達とのランチやティータイムなど)を持つこともとっても大切。

だって、具体的な家事さえしてればいいってわけじゃなくて

ちゃんと家族のことを広く、時に細かく気にかけておく心のゆとりを持てているかが一番大事で…

そうなるとこの自分時間をちゃんと持てるか、持てないかで「私ばっかり…」と被害者意識満々になるか、

ご機嫌で、ゆとりを持って毎日を暮らせるかが決まるといっても過言じゃないもの。

ご機嫌で家に居るって主婦の最大の役割ですからね。

そうやってまず優先事項に時間をあてていくと、主婦がお仕事に使える時間やエネルギーってそんなに多くはない!ってことに改めて気づきました。

フルタイムとかで働いてる方がイライラと家のことをやってしまうのは(もしくは見て見ぬふりして放置してしまうのは)ある意味仕方ないなって。

だって、無理だもん。

自分で自分の可能性に制限をつけないっていうことも大切だけど、

現実問題、時間や体力には限界があります。

その現実世界の限界を無理やり越えようとすることは、自分自身や周りの人(特に家族)を苦境に追い込んでしまうリスクをはらみます。

「制限を外すこと」と「限界を知ること」

この二つは、一見逆のようで、どちらもとても大切なのだと改めて分かりました。

女性がうまくいくには、やっぱりゆるむことが大切

実は今年、大好きなクリスマスツリーを出せなかったんです。

ツリーって出すのにも、しまうのにも、結構エネルギー使います。

その分、飾った時の存在感はやっぱり格別で、見るたびにワクワクするし、電気をつけた瞬間毎回「うわ♡」ってなるんだけど。

今年は気持ちにも、体力的にもゆとりがなくて出せなかった…

でも本当はどうしたかったの?って自分に聞いてみると

「本当はツリーも出して、キャンドルも飾って、毎年恒例のホームパーティーしたかったな」って。

私は家中がみんなの笑い声でいっぱいになるホームパーティーが大好きなんです。

自分が本当に大切にしたいと思っている、日々の喜びを後回しにすると、毎日の生き方が雑になります。

イライラして、感じる力が劣り、直感も働かなくなるので、小さなサインに気づけなくて、いろんなことがうまくいかなくなってきます。

やっぱり、女性はゆとりをもって、ゆるんでおくってすごく大切なんですよね。

あなたは日々の喜びを大切に、今この瞬間を生きていますか?

ゆらゆら揺らぎながら、自分のバランスを見つける

そんなことを思いながら、もっともっとゆとりを持とう、バランスを見直そうと家のことに集中していたらブログの更新がゆっくりペースになってしまっていたわけです。

ゆらゆら揺らいでいい。

揺らぐことで自分にちょうどいいバランスが見えてくるのだから。

「揺らいじゃだめ」っていうのも自分への制限、ですよね。そこは外していいんです。

でも超えてはいけない制限もある。

私の幸せの基盤はどこにあるのか、その足元を見失うことなく、成長していきたいと思います。

しっかりと根を張りながら。

今この瞬間を喜びながら。

 

 

 

 

LINE@はじめました。

こちらからお友達になってください↓

現在募集中のレッスン&お茶会の日程はこちらからご確認ください

青山 真理

2007年に自宅でアロマサロンをスタートし、家庭も仕事も充実しているように思えていた2015年秋、理想の夫婦と言われていたパートナーとの関係に行き詰まり、仕事を一切手放すことに。
そこから家と向き合うことで「本当の自分の願い」に気づき、パートナーシップは激変、想像を超える豊かさが舞い込むようになりました。
その経験をもとにパートナーを成功に導き、究極に愛され続ける女性の在り方をお伝えしています。

関連記事

  1. 花を持つ女性
PAGE TOP