青山真理 公式ブログ

女神の撮影会の詳細が決まりました

長い間みんなに手伝ってもらったお花作りもついに終了し、女神の撮影会の準備がようやく整いましたー!

私がこの撮影会を企画しようと思ったのは、ある別の撮影会に誘われたことがきっかけでした。

それは女性の官能的な姿を撮るもので、私はそういった官能的な自分も抵抗なく、大好きではあるのですが

それと同時にそれも私の一部だけど、私の中の愛すべき女性性はそこだけじゃないなとも思ったのです。

じゃあ私が伝えたい性の世界、表現したい女性性ってどんなのだろう?と思った時に

ふと浮かんだのが数年前にある方の撮影会で撮ってもらったこの写真でした。

私の屋号もフィオーリ(イタリア語で花)なのですが、花は女性の象徴でもあり、私たちの様々な女性性を開いていくれる素敵な魔法を持っていると感じています。

このお花はもちろん本物ではないんだけど、大きな花たちに埋もれると、私の中の蕾が花開いていくように、女である喜びが溢れてきて、とっても満たされた気持ちになったことを思い出したのです。

今の私で、もう一度この写真を撮りたい。

私の中にあるいろんな女性性を表現して、どんな私も抱きしめたい。

ということで、この女神の撮影会プロジェクトが始まりました。

私たち女性の内側にはいくつもの顔があります。

母の顔。

妻の顔。

嫁の顔。

娘の顔・・

姫みたいな私もいるし、

聖女のような私もいる。

官能的な女の顔もあれば、さらには悪女な私だっている。

 

純粋さも、優しさも、あざとさも、神聖さも幼さも、艶っぽさも全部あっていい。

どれも私の中の女性性。

 

でも

「母なんだから、官能的な部分は封印・・」とか

「いい年なんだから、いつまでも姫気分じゃダメ!」とか

「私はそういうキャラじゃないから」って

 

否定したり、無視したりしてる部分ってないかな?

 

一見泥臭く、闇に思える一面さえ、かけがえのない女性性の一部で

私の内にある全ての「女」がお互いに認め合って共存し、一つになるとき

女性は女神の姿に還るのです。

 

あなたの内に秘めた女性性を解放し、表現してみませんか。

とことん欲張りに!私の「やりたい」を全部叶えました。

以前撮影してもらった日が大雨で、綺麗に巻いていった髪はぺったり、メイクも取れかかっていて、せっかく楽しみにしていたのにとても残念な気持ちになったんですよね。

だから今回はヘアメイクもお願いしました!

この撮影会はあなた自身の内側から溢れ出る透明感、母性、色香、無邪気さを表現することをテーマとしているので、メイクで表現するわけではなく、ベースを整えるだけ。

とはいえ、今回のメイクさんはもう何年も私専属のエステティシャンでもあり、アートメイクのプロでもあるので、ちゃんと美肌小顔メイク、美しい眉メイクをしてくれますよー

ヘアもテーマ上、凝ったアレンジは予定しておりません。
軽く巻いたり、ナチュラルな感じに整えるだけになります。

「それでもやっぱり私はバッチリメイク、ヘアアレンジして撮りたい!」という方は事前にご自身でお願いしますね。

 

お花はいろんなイメージに対応できるよう幾つかのカラーを用意しました。

白、赤、ピンク、オレンジ、黄色・・

表現したい女性性に合わせて、お好きなカラーや組み合わせを選んでくださいね。

小道具にリアルのお花やフルーツ、花冠(造花)などをご用意していますが、ご希望のものがあればぜひお持ちください。

女神の撮影会詳細

日ひち:5月26日(木)

撮影場所:兵庫県 芦屋サロン(お申込みの際に詳しくお伝えします)

時間:①11:00 予約済み   
   ②12:00 予約済み
   ③14:00 
   ④15:00 予約済み
   

※ヘアメイクがありますので予約枠の1時間前にお越しください。

写真のお渡しについて:お写真は5枚お渡しになります。

カメラマンがピックアップしたベストショット15枚程度の中から欲しいショットを5枚お選びください。

追加で欲しいショットがありましたら1枚800円にて追加購入いただけます。


参加費:レッスン受講生・卒業生様、6月からスタートするオンラインサロンメンバー様 15,000円(税込)

    それ以外の一般の方 20,000円(税込)

(つけまつげご希望の方は+1000円でおつけいたします)


 

オンラインサロンにお申し込みいただいた方にはプレゼントがあります

この第1回目の撮影会はオンラインサロンオープン記念として、オンラインサロンにお申し込みいただいた方にはつけまつげ1000円+1ショット追加800円の合計1800円分をプレゼントいたしますねー!

オンラインサロンの告知、お申し込みは2022年5月1日スタートです。

関連記事

  1. 砂浜に文字を書く女性
PAGE TOP