青山真理 公式ブログ

命が輝くヨニアート

今年は性をテーマに・・ということで、ただ今いくつかの企画を準備中です。

その一つがヨニアート。

ヨニというのはサンスクリット語で子宮や膣、卵巣など女性器のことを指し、また「聖なる場所・神殿」といった意味を持つ言葉でもあります。

「私のヨニと繋がり、その愛おしさ、美しさ、尊さを表現したい!」

ということで、レインボーアーティストともちゃんにヨニアートのワークショップができないか相談したところ、

「それ面白そうー!」と快諾してくれて、早速ワーク内容の相談と体験をさせてもらいました。

ワークのステージは3つ。

まずはシンボルを描くところから。

このシンボルは自分にとってのお守りのようなものです。

そして次に自分のヨニと対話しながら、溢れてくる感情、思い、エネルギーをキャンバスの上にどんどんと塗り重ね表現していきます。

私ははじめ、とにかく女であることが「嬉しい!楽しい!大好き!」って溢れてきて、ピンクやオレンジ、ゴールドなど明るい色でワクワク飛び跳ねるように表現していたんだけど

急に沈んだ色が入ってきて、もとの綺麗で華やかな色はどんどんくすんでいって・・

私のヨニが悲しみはじめる。

泣かないで、私のヨニ。

どうして泣いているの。

あんなに輝いていたのに。

あんなに嬉しかったのに。

・・そして、とうとう真っ黒に。

深い深い悲しみ。

諦め・・もういい。

もうどうしていいかわからない。

そんな真っ暗な中を漂っていたら

私の内側から、ふと湧き上がってきたゴールドのうねり。

竜のような、蛇のような、DNAの螺旋のような・・

いろんな顔をした女性性が私の中できらめき始める。

母である私。

妻である私。

少女である私。

聖女のような私。

悪女のような私・・

純粋さも、あざとさも、幼さも、艶っぽさも、全部あっていい。

どれも私の中の女。

私の中で全ての顔が生き生きと輝き出す。

そして最後のステージは「私の本来のヨニの姿を思い出す」

そうだ、私は女神だったんだ。

ヨニは私という女神の神殿だったんだ。

そうしたら私の中の男性性も楽しげに泳ぎ始めました。

私の内なる女性性が自由を取り戻し、本来の姿で輝きを取り戻したら、

男性性も生き生きとしはじめて、私の中からどんどんいろんなものが生み出されていく・・

ほんの数時間のワークなのに、そのプロセスにはとても深い気付きや癒しがありました。

 

女性たちは昔に比べたら随分自由になったけれど

まだまだ社会や男性が求める女性像を基準に女性のレベルを判断されたり、もしくは自分でもしていたりするんじゃないかな。

それによって自分の女性性を見失って自信をなくしたり、拗らせてしまっている人も多い気がします。

 

女性性には生み出す、育む、循環する、寄り添う、共感する、受け取る、与える、柔軟性がある、優しい・・などたくさんの顔があって

どれを色濃く持っているかは一人一人違う。

 

このヨニアートは、自分でも気づいていなかったあなただけの女性性に出会わせてくれるかもしれません。

それを発見したときの喜び、女である自分への愛おしさといったら・・

それはもう言葉では言い表しきれないほど。

 

女である私を丸ごと受け入れ、喜び、愛することは、自分のいのちの存在を喜び、祝福すること。

その内側から溢れ出る喜びをぜひ感じてほしい。

 

2022年4月20日(水)10:00~14:00 満席

2022年5月1日(日)10:00~14:00 残席1

2022年5月3日(火)10:00~14:00 残席3

参加費:レッスン卒業生・受講生、オンラインサロンメンバー様 10,000円(材料費・ランチ代・税込み)

    それ以外の一般の方 15,000円(材料費・ランチ代・税込み)

    今回限りのオープン価格です。
※オンラインサロンは5月1日よりお申し込み開始です。
その場でお申し込みいただきましたらサロンメンバー価格での参加が可能です。

場所:兵庫県 芦屋サロン(お申し込みの方には詳しくお知らせします)

 

関連記事

  1. お茶
  2. ドレス
PAGE TOP